TokyoIte Dental Clinic

SCROLL

NEWS/BLOG

ニュース/ブログ

奈良裕也さん×院長 黑田 対談 〜歯をファッションに〜 Vol.3

アートディレクター / クリエイティブスタイリストの奈良 裕也さんとTokyo-Ite Dental Clinic 院長 黑田の対談インタビュー。 〜歯をファッションに〜 をテーマに、これからの時代に則したセンスのある歯とは、また実際に奈良さんが当院へご来院されてからの印象など、 院長黑田を交えてざっくばらんに語っていただきました。

奈良: 以前、仕事でご一緒したモデルさんが “変な歯” を入れてて… その人は「前歯出したい」って言ってたんだけど、明らかに変に前歯がもりっと出てて… 「歯変だよ?」って言ったんだよね。そのあとすぐに調整しに行ってたけど(笑) あれは、何のために前に出していたんだろう。

黑田: 恐らくですが、それってアメリカで治療受けられてました?

奈良: アメリカだと思う。仕事の現場もそうだったので。

アメリカ人って(手術が)特徴的なんですよ…歯を大きく作っちゃうんですよね。 これは”リップサポート”っていうんですが、意外と皆さん知らないアンチエイジングの話で。

「歯がなくなっていくこと」は加齢変化です。 お年を召した方で、噛むときに”クチャクチャ”する人いますよね。 ああいう人は、奥歯がないから、顎がかみこめることで”クチャクチャ”してしまいます。 エイジングの観点から見ても、奥歯がなくなるとシワがふえるし、かみしめられないから筋力も低下していきます。

先ほどの”リップサポート”を求めてしまう状態も同様に、 歳を取ると歯が減ってくるので、唇が内側に巻き込んでできちゃうんですよね。

奈良: 内側に巻き込んじゃうんだ、だから歯を出すんだ…。

黑田: 先ほどお話に上がったモデルさんのように、美意識が高い方だと、 ご自身の顔を見て「なんか私最近ちょっと、くちびるが下がる/巻き込んでいる気がする」と感じるかもしれない。 それをドクターサイドに伝えると、「じゃあもう”リップサポート”入れましょう!前歯入れましょう!」という流れになってしまうパターンがあります。安易に決めず、かなり慎重になった方が良いです。

奈良: こわい。「え、出っ歯?」ってなりかねないよね。

黑田: なりますなります、本当に。

——- この続きはVol.4にて…