TokyoIte Dental Clinic

SCROLL

NEWS/BLOG

ニュース/ブログ

奈良裕也さん×院長 黑田 対談 〜歯をファッションに〜 Vol.1

アートディレクター / クリエイティブスタイリストの奈良 裕也さんとTokyo-Ite Dental Clinic 院長 黑田の対談インタビュー。
〜歯をファッションに〜 をテーマに、これからの時代に則したセンスのある歯とは、また実際に奈良さんが当院へご来院されてからの印象など、 院長黑田を交えてざっくばらんに語っていただきました。


関連記事: 原宿が生んだカリスマ! レディー・ガガも信頼する奈良裕也が語るオモハラの価値とは

– 奈良さんにとって、「センスのある歯」とはどんなイメージでしょうか?

奈良:
いわゆる「真っ白すぎる歯」は、ダサいかかっこいいかでいうと、ダサいと感じますね。
「いかにナチュラルにみえるか」が大事。
先週、メンズのメイクのお仕事があったんですけど、そこでも、いかに”ぬってるかぬってないかのメイクで”整えるか。
歯についても、身嗜みのひとつとしておさえられるかが大事。それができる人がおしゃれな人ですよね。

黑田:
僕はもともと服については全然知識がなくて、ある日母から、
「雑誌持ってきなさい!そもそも体型と身長が自分に近い体型の人を真似しないと意味がない。”服って顔で着るものだから”」って言ってて。

奈良:
お母さんにもインタビューした方がいいですよ(笑) きれーいな人だから(笑)

黑田:
(笑)それで雑誌の中で奈良さんを見つけて、母が「この人の真似しなさい!」って。
それからずーっと奈良さんを追いかけ続けてて、今こうやってお友達にならせてもらってからこの話をしてリンクしました。
「服は顔で着るもんだ」と一緒で「歯も顔」なんですよ。「似合わない歯もある」。
ステータスだと思って、真っ白すぎる状態にするというのは、場合によってその人に似合わない。
似合わない歯は、似合わない服きてるのと一緒。結果センス悪いって言われちゃう。僕はすごく思います。
これからの時代は、いいものを選ぶ/似合うものを選ぶのが一番センスがいい。っていう方向になっていく。
奈良さんがご来院されて改めてお話しした時に、ご自身に似合う歯の色を選ばれていたので、なるほどなと。

——-

この続きはVol.2にて…